歯並びで見るお悩み別矯正歯科治療法

矯正歯科治療の方法とメリット・デメリットを、治したい歯並び別にご紹介!

あなたのキレイを叶える歯医者さん探しをサポート 矯正歯科Passport

サイトマップ

こんな歯並びに悩んでいませんか? 悩み別矯正治療法

歯並びは気になるけど、どのような治療を受ければいいの?矯正治療は歯並びの状態により、治療方法が違います。理想的な美しい歯並びにするには、あなたに相応しい方法を見つけること。まずはあなたの歯並びとよく似た症例を見て、治療方法やメリット・デメリットを知りましょう。

  • デコボコな歯並びを治したい

    叢生(そうせい)または乱ぐい歯ともいい、日本人に多い歯並びです。叢生になる原因はいろいろですが歯と顎の骨のアンバランスが関係しています。歯が重なり合っていたり、乱れていたりすると、歯磨きが当たりにくくなり、さまざまな弊害が生じます。どのような治療をすれば、歯並びの問題が解決できるのでしょうか?

    関連ページ

    >>乱杭歯・叢生の原因と症状 >>乱杭歯・叢生の問題点・デメリット >>乱杭歯・叢生の治療 >>乱杭歯・叢生の治療後における注意点
    デコボコな歯並びを治したい(イメージ)
  • 出っ歯を治したい

    上顎前突症(じょうがくぜんとつ)とも言いますが、出っ歯と言えばすぐにピンとくる方も多いはず。上の前歯や上あごが前に突き出ている状態です。笑った時に歯ぐきが見えるという方は、出っ歯の可能性があります。特に女性は容姿も気になるので悩みは深刻です。日常生活の悪い癖や習慣が、出っ歯を招くといわれますが、どうすれば口元の悩みをすっきり解決できるのでしょうか?

    出っ歯を治したい(イメージ)
  • しゃくれを治したい

    下顎前突(かがくぜんとつ)または受け口ともいわれ、歯と歯が上手く噛み合わない状態です。アニメのルパン三世に登場する次元大介を思い出せばイメージがつくでしょう。このような歯並びは、上下の歯の噛み合わせが交差するため噛み合わせが悪くなります。矯正治療をすると、歯並びや噛み合わせ改善の他にうれしいメリットが……。

    しゃくれを治したい(イメージ)
  • すきっ歯を治したい

    すきっ歯は小さな子どもに多く、歯と歯の間に隙間がある歯並びのこと。歯に隙間があると食べ物が詰まりやすくなるだけでなく、見た目も気になります。原因はいろいろありますが、主な要因には歯の本数の不足があります。やはり気になるのが治療方法。前歯だけでなく全体的に隙間があっても矯正治療で治るのでしょうか?

    すきっ歯を治したい(イメージ)
  • 八重歯を治したい

    日本人にもっとも多いのが八重歯です。にっこりほほ笑んだときに見える八重歯がチャームポイント!……なんていうのは実は日本だけ。牙のようにも見える八重歯は、欧米では「ドラキュラ」を連想させるため敬遠されがちです。グローバル社会で活躍できる口元を手に入れるには、どのような治療があるのでしょうか?

    八重歯を治したい(イメージ)
  • 上下の歯列が閉じないのを治したい

    開咬(かいこう)といって前歯が噛み合わない状態です。原因は色々あり、その一つが遺伝的要因だといわれます。この症状で一番気になるのが容姿。いつも口をあけた状態なので口元に締りがなく、何となくだらしないように見えます。矯正治療で口元の状態はどう変わるのでしょうか?

    上下の歯列が閉じないのを治したい(イメージ)
  • 上の歯列が覆いすぎて下の歯列が見えないのを治したい

    過蓋咬合(かがいこうごう)といい、下の歯が前歯で隠れて見えない状態です。前歯の噛み合わせが極端に深いので、ラーメンなどが噛み切れずに困ることも。噛み合わせが悪くなるとお口の中はもちろん、全身にも悪い影響を及ぼします。特に女性に多い、”ある症状”の原因とも言われていますが矯正治療で改善できるのでしょうか。

    上の歯列が覆いすぎて下の歯列が見えないのを治したい(イメージ)
  • 小さすぎる歯・埋まった歯・歯抜けでも美しくなりたい

    矯正歯科では、歯並びを整える歯列矯正だけではなく、矮小歯(小さすぎる歯)や埋没歯(歯茎に埋まった歯)、欠損歯(もともと歯の種がない状態)の治療も、歯列矯正の一環として行なっています。それぞれの歯の原因や治療法について詳しく見ていきましょう。