あなたのキレイを叶える歯医者さん探しをサポート 矯正歯科Passport
サイトマップ

乱杭歯・ガタガタ歯・叢生(そうせい)の治療後・アフターケア

乱杭歯の原因と治療法、メリット・デメリットを紹介します。

歯並びに関する悩みと基礎知識

乱杭歯の治療後やアフターケアで注意すべきこと

デコボコな歯並びを治したい(イメージ)

矯正治療によって乱杭歯を綺麗にしたあとには、どんなことに注意すべきでしょうか。

ここでは、治療後に注意すべきポイントを治療後の期間ごとに分かりやすく解説。治療後に起こりうるトラブルやクリニックに定期的に通うべきかなどを、現役の歯科医師がまとめました。

治療後に注意すべきポイント

治療直後

治療直後は、歯槽骨がまだ完全には安定していませんので、アフターケアとしてリテーナーと呼ばれる装置を使った保定を行い、歯の後戻りを防ぎます。リテーナーを装着していると、そのぶん歯垢などの汚れもつきやすくなることが予想できます。歯周病の原因にならないように、歯磨きをしっかり行うようにしましょう。特に、最初のうちは24時間リテーナーを装着しなければなりません。装着するリテーナーの種類によっては、歯磨きがしにくいものもありますので注意が必要です。

治療後半年内

保定については、治療後2年間は半年に1回の定期的な通院が必要です。その期間を過ぎたら1年に1回になります。治療直後だけでなく、リテーナーを装着している間は、歯磨きをより丁寧に行うように意識しましょう。特に、治療から半年経つと、歯磨きに対する意識も薄れがちになってきます。いまいちど、ブラッシングがきちんとできているか再確認しましょう。通院した際にはプロである歯科医にチェックしてもらうといいでしょう。

治療後一年以降

リテーナーの装着期間は個々で異なってきますが、1年から3年くらいが目安となっています。保定期間は長期にわたりますから、歯磨きを怠って歯周病などの歯のトラブルを発生させないように注意しましょう。もし、歯ぐきからの出血など、何らかの変化があった場合には、こまめに医師に相談することが大切です。

元に戻る可能性は?

ブラケット装置を用いての矯正治療の場合、アフターケアとして行う保定が治療後の歯の後戻りを防ぐという役割を持っています。そのため、歯を元に戻さないためには、保定をしっかりと行う必要があります。ただ、歯が元に戻るかどうかには個人差がありますので、保定を行っているとしても、歯の状態はしっかりとチェックしておくようにしましょう。

起こりうるトラブルは?

矯正後、人によっては体調の変化を感じるというケースがああります。体調が悪くなるのは、次に挙げる2点が大きな理由となります。

まず一点は、矯正後の歯並びが口に合っていないことで、顎関節症などのトラブルを引き起こしてしまったケース。

そして二点目は、矯正に用いた装置の調整を行う時に、痛みを感じたなどのストレスが体調に影響を及ぼしてしまった可能性です。

体調の変化には個人差があり、矯正を行った結果、体調が良くなったと感じる人もいます。必ずしも、矯正を行った全ての人に体調の変化が見られるわけではありませんが、矯正後の身体の状態については気にかけておくようにしましょう。

トラブルが起こった場合には

矯正後に体調や歯に何らかのトラブルが起こった場合には、自己判断は避けて、医師に診てもらうことをおすすめします。特に、治療を受けたクリニックだと、治療中に歯を診てもらっている分、その人の歯の状態について細かく分かりますので、なるべく矯正治療を受けたクリニックで診てもらうようにするといいでしょう。

クリニックには定期的に通うべき?

先ほども触れましたが、矯正治療後には保定を行って、矯正後の歯並びを安定させます。ですから、保定を行っている期間は治療を受けたクリニックに通うことになると予想されます。保定が修了した後でも、虫歯や歯周病など、歯のトラブルが発生する可能性もありますし、歯ぎしりがクセになっている場合には、歯がずれてくる可能性もあります。せっかくきれいに整えた歯を大切にするためにも、クリニックには定期的に通うことをおすすめします。理想は、矯正治療を受けたクリニックに通うことです。

矯正治療後も歯に意識を向けた生活を

矯正治療完了直後は、治療が終わったことで気を緩めたくなってしまう時期かもしれません。

しかし、治療後には保定によって歯並びの安定性を高めていく必要がありますし、保定の期間も短くはありません。矯正治療完了はいったんの区切りだと捉え、気持ちを切り替えて、美しい歯並びをしっかりと作り上げるために、意識を高めていく必要があるでしょう。

自分で行う歯のメンテナンスとしては、虫歯や歯周病を防ぐために正しい歯磨きの方法を再確認したり、たっぷりブラッシングに時間をかけたりすることが重要。せっかく美しい歯並びを手に入れても、歯のトラブルが起こってはもったいないです。

それでも矯正治療終了から1年以上時間が経てば、歯に対する意識も薄れがちになってくる傾向は十分にあります。歯磨きに関しては、常日頃からセルフコントロールする術を身に付けておきましょうね。

また、セルフケアだけでは、どうしても行き届かない部分は必ずあります。歯科医に定期的に診てもらうことで、自分では取り切れない歯の汚れを取ってもらったり、矯正後の歯の状態をチェックしてもらうことが何よりも重要なポイントです。

この記事を監修した医師

記事監修・丸山医師の写真
医師名
丸山 浩二(マルヤマ コウジ)
所属クリニック
丸山矯正歯科
クリニック所在地
東京都港区浜松町2-11-16ユーワビル3階
クリニック公式サイト
http://www.maruyamaortho.com/index.html