あなたのキレイを叶える歯医者さん探しをサポート 矯正歯科Passport
サイトマップ

歯科矯正で横顔が美しくなる!

お子さんの歯並びが気になってきたら歯科医院へ。子供の矯正(小児矯正)のお役立ち情報をご紹介します。

矯正治療を始める前に知っておきたい基礎知識

歯科矯正で横顔が美しくなる!

歯科矯正による美容上の効果について、具体的にまとめました。特に、横顔の美しさを決めると言われるeラインの改善効果は、歯科矯正による美容効果の中でも特に大きなものと言われています。

歯列矯正による最大の美容効果はEラインの改善

歯科矯正による美容上の効果には様々なものがありますが、中でも特に大きな効果がEラインの改善と言われています。

Eラインとは

Eライン(エステティックライン)とは、人の横顔の美しさを表す基準のこと。横顔になったときに、鼻の先と顎の先をつないだ線のことをEラインと言います。
どのようなEラインを描いているのが美しいのかは、国や民族によって基準が異なります。日本人の場合、Eラインにちょうど上唇と下唇の先端が触れている状態が美しいとされています。
歯科矯正をスタートする際、歯科医が描く治療設計図の中では、このEラインの美しさもきちんと考慮されています。

日本人のEラインの特徴

Eラインは、もともと欧米人の顔を基準にしています。日本人の顔立ちは、欧米人に比べて鼻が低い傾向にあるため、基準が欧米とは大きく異なります。

前述したように、鼻先と顎の先を結んだ時に、上唇がそのライン上にあること。そして、下唇は2mmほど前に出ているのが日本人の理想的な基準となります。

欧米人を基準としたEラインで、唇がラインより前に出ていたからと言って、Eラインが崩れているわけではありません。ラインより唇が少し出ているのがふつうくらいですので、あまり気にし過ぎないようにしましょう。

かみ合わせが悪いと大きくEラインは崩れる

Eラインは、鼻や顎の高さなども重要ですが、口元のバランスが大きく関係しています。Eラインよりも上唇が過度に突出している場合は、出っ歯になっている可能性が高いですし、下唇が極端に出ている場合は受け口になっていると考えられるでしょう。そして、これらの口元の問題は、噛み合わせによって崩れている可能性が高いと言えます。

出っ歯は上顎前突、受け口は下顎前突や反対咬合などの不正咬合が原因であり、噛み合わせの悪さは審美的な面でも改善する余地のあるものです。歯列矯正によってこういった噛み合わせが改善できれば、口元のバランスも良くなって、Eラインが美しく整うことも期待できます。今まであまり気にしていなかった人でも、Eラインを確認してみて特に出っ張っている場合は、噛み合わせが悪いのかもしれません。

歯科矯正による主な美容上の効果とは

歯科矯正をすることで、様々な美容上の効果が得られます。主な美容効果を見ていきましょう。

歯並びが良くなる

当然ですが、歯科矯正をするわけですから歯並びが良くなります。歯並びの悪さが美容上のコンプレックスとなっていた人も、歯科矯正をすることで悩みから解放されます。

歯の色が良くなる

歯並びの悪さが原因で口呼吸になってしまう人がいます。歯科矯正をすることで鼻呼吸に変わるため、口の中での唾液の循環が良くなって、歯の色が健康的になります。

表情が明るくなる

歯科矯正によってかみ合わせが改善することで、これまで不自然に負荷を与えていた関節や筋肉が負荷から解放されます。人の表情は顔の関節や筋肉に左右される部分が大きいため、歯科矯正を通じて表情が明るくなるでしょう。

笑顔が多くなる

歯並びにコンプレックスを持っている人は、なるべく他人に歯を見せないようにするため、笑顔が少なくなる傾向があります。歯科矯正によって歯並びを改善させることで、以後は気兼ねなく思いっきり笑顔を見せることができるでしょう。

歯科矯正によってEラインがどのように変化するのか

顎の先端が前に出過ぎていると、唇がEラインに触れません。逆に、顎の先端が後ろに引っ込みすぎていると、唇がEラインからはみ出してしまいます。つまり、顎の先端の位置こそ、人の横顔の美しさを左右する大きな要因となっているのです。
顎が理想的な位置に安定していない理由の一つが、かみ合わせの悪さ。上下の歯のかみ合わせが悪いと、顎の関節に不規則な負荷がかかり、年数をかけて徐々に顎の関節の位置がズレていきます。そのズレこそがEライン、すなわち横顔の美しさにも影響してくるのです。
Eラインの崩れの原因は他にもいくつかありますが、もし歯並びが悪いのであれば、歯科矯正によって大きくEラインが改善する可能性があるでしょう。歯並びを整えることでかみ合わせを良くすれば、徐々に顎の位置が正常化してくるからです。
また、Eラインの崩れの原因の中に、顎ではなく唇の位置が出過ぎている、といったものもあります。いわゆる出っ歯の人の場合、歯に押し出される形で唇が前に出てしまうことがあり、これがEラインの乱れの原因になることもあるのです。
この場合でも、歯科矯正をすることによって歯を正常な位置に戻せば、理想的なEラインとなる可能性があります。併せて、出っ歯のために前に突き出ていた口元が後ろへと下がり、横顔だけではなく正面から見たときの印象も大きく変わることでしょう。

歯科矯正は美しい横顔を手に入れるための有効な手段の一つ

歯科矯正によって必ずEラインが美しくなる、という訳ではありませんので、その点は誤解しないようにしてください。Eラインの乱れの原因がかみ合わせ以外の場合には、歯科矯正をしたとしても、期待通りのEラインには仕上がらない可能性があります。歯科矯正と合わせて、美容外科などで顎そのものを調整する施術を受ける人もいるようです。
ただ、多くの人の場合は、仕上がりの程度にこそ個人差はあれ、治療前に比べればEラインが美しくなることは確か。歯科矯正は、美しい横顔を手に入れるため有効な手段の一つということなのです。

Eラインを整える矯正の治療方針

Eラインが理想的ではないと悩む人の多くは、上唇がライン上よりも出てしまっていることを気にしているのではないでしょうか。これは、いわゆる出っ歯の傾向にあるためで、上顎前突という不正咬合によるものです。
歯が出ているというよりは、上顎が飛び出ているので、歯列矯正でひっこめる治療を行えば改善できる見込みがあります。前に出ている歯列を奥に引っ込めることが目的なので、歯列矯正は効果的な治療方法と言えます。
歯列矯正にも、ブラケットやマウスピースなどでそのまま矯正する方法と、抜歯をして大幅に引っ込める方法があります。
また、上顎だけでなく、下顎が前に突出している受け口も、Eラインを大きく崩してしまう要因です。受け口も下顎前突や反対咬合という不正咬合ですので、歯列矯正で引っ込めることができれば、Eラインを整えることにつながるでしょう。ただ、顎の骨自体が発達していて前に飛び出している場合は、歯列矯正では限界がありますので、外科手術で顎の骨を削る必要も出てきます。
歯列矯正をすれば、必ず理想のEラインになるとは限りませんが、異常に出っ張っている部分を引っ込めて噛み合わせを良くすることができるので、美しい口元になる可能性は高いでしょう。