治療中もストレスフリーな痛くない矯正とは?

矯正治療って痛そうで怖い…そんな不安をお持ちのあなたに。痛くない矯正治療の種類とメリット・デメリットをご紹介します。

あなたのキレイを叶える歯医者さん探しをサポート 矯正歯科Passport

サイトマップ

矯正歯科Passport:あなたのキレイを叶える歯医者さん探し(ロゴ)

矯正治療を始める前に知っておきたい基礎知識

痛くない矯正ってあるの?(イメージ)

痛くない矯正ってあるの?:やっぱり痛いと続かない!

痛みのメカニズムを知れば痛みも怖くない!

矯正治療の悩みで多い痛みの問題。歯並びや治療方法、矯正装置の種類によって異なりますが、治療中は多少なりとも痛みが伴います。これは、歯のメカニズムによるものですが、このような痛みを軽減させる治療法を取り入れているクリニックもあります。知っておくと慌てない、痛みが出たときの対処法などについて説明します。

矯正中に痛みがでる原因

装置の装着による歯の動き

矯正装置を装着した後やワイヤーの調整を行った後に痛みが生じる場合があります。違和感程度で済む人もいれば、睡眠不足になるぐらいの激痛という人もいて非常に個人差があります。また、装着直後にジンジン痛みだす場合もあれば2,3日してから痛くなってくることもあり、痛くなりはじめるタイミングも人それぞれです。これは、歯が動き出した時に生じる炎症による痛みであり、しっかり矯正が始まっているという証です。

抜歯

矯正の際、抜歯を行う場合があります。どの歯をどういった方法で抜歯したかにもよりますが、麻酔が切れてきてズキズキとした痛みが出てくることや、深いところの歯を抜いたため腫れを伴う痛みがある、といったことが考えられます。

食事中

歯が動く痛みに加えて、咀嚼時の痛みや、矯正装置に舌が当たって痛いなどで、最初のうちはうまく食事が出来ないことも多いといいます。基本的には回数を重ねて徐々になれていくしかありませんが、調理方法やメニューを工夫するという方法もあります。後程、対処法を紹介致します。

口内炎

矯正装置を装着すると、慣れないうちは違和感や異物感によりうまく口を動かすことができません。そのため、会話中や食事の際に誤って頬の内側を噛んでしまい傷になることがあります。また何もしていなくても、装置が舌や粘膜に当たることで傷ができることもあります。そういった傷が治らずに口内炎になってしまう場合があります。口内炎に食べ物や飲み物が染みるだけでなく、矯正装置が毎回当たって口内炎の治りが遅くなる、なんていうこともあります。また、取り外しのできない矯正装置の場合、隅々まで歯を磨けず、口の中の衛生状態が悪化することで、口内炎ができやすい環境になってしまいます。

装置が外れた時

ブラケットやワイヤーが外れて、歯茎や粘膜に当たって痛いということがあります。

痛みの種類と対処法

装置の装着による歯の動き

最初から痛みが出にくい装置にしておく

矯正の方法や装置、使われる素材には種類がありますし、どれも日々進歩しています。以前と比べると痛みが少ない方法も出て来ています。各個人の口の中や歯の状態、担当する歯科医師の判断にもよりますが、出来る限り痛みが少ない方法を採って欲しいことを、あらかじめ相談してみるのも良いでしょう。

時間の経過を待つ

歯の動きによる痛みはずっと続くわけでは無く、おおむね一週間程度をピークに徐々に引いていきます。

鎮痛剤の服用

痛みが強い場合は鎮痛剤の服用も考えた方が良いです。ですが、炎症が抑えられる共に歯も動きにくくなってしまいます。長期間の服用は避けた方が良いでしょう。

ソフトプレート

歯列に合わせたU字型の柔らかいプレートです。これを十回ほど噛むとズキズキした痛みが緩和されます。歯科医師に相談して処方してもらう他、自分で購入することも出来ます。

その他自分で出来る方法

その他自分で出来る対処法としては、食塩水で口を漱ぐこと、頬や顎などに氷嚢を当てたり、小さめの氷を口に含んで転がすことで口の中を冷やすこと、電動歯ブラシによって歯茎をマッサージして血行を良くすることなどがあります。

どうしても我慢しきれないぐらいの痛みであれば、歯科でしてもらえる対処方法もあります。

レーザー治療

レーザー光を歯肉に照射して、あたためることで活性化していく方法です。レーザーには様々な種類がありますが、組織に浸透しやすいものが使われます。放射線は含んでいません。炎症を抑え、血行を良くするため、口内炎にも効果があるだけでなく、歯の動きも良くなると言われています。

高周波治療

元々は骨折の治癒促進で使われていた方法です。血行を良くし、歯槽骨の代謝を上げる効果があり、それにより痛みが軽減されると言われています。

抜歯

矯正に限らず、通常の抜歯と同じです。歯茎の奥に生えていた歯を抜いた場合はその傷口が治るまで痛みが続きます。どうしても我慢しきれない場合は、鎮痛剤で痛みを散らしましょう。

食事中

矯正の痛みのために食事を控えてしまい、体調を崩してしまっては元も子もありません。 痛みがあって食事がしづらい時は、あまり噛まなくても食べられるメニューにしたり、調理方法を工夫すると良いでしょう。栄養を考えた食事を心がけてください。

調理方法の工夫

材料は口の中に入れやすい大きさに切りましょう。やわらかくて噛みやすい食材を選んだり、歯ごたえのあるものを使う場合はあらかじめ焼いたり茹でたり蒸したりするなどして下準備をしましょう。ただし肉など、焼き過ぎて逆に固くなってしまう食材もあるため注意してください。歯に挟まりやすい皮がある場合はきちんと剥きましょう。ただし、刺激のある食べ物は避けた方が良いでしょう。カレーなどは、装置に色がついてしまうこともあります。

メニューの工夫

例えば、ニンジンやキャベツなどの野菜をたっぷり入れて、皮無しウインナーを足してコンソメで味付けをしたポトフ。白菜や豆腐、エノキやネギ、豚肉の入った鍋。色々な材料が入っており、しっかり火を通して柔らかくするような煮込み料理や鍋料理は、食事がし辛いけど栄養はしっかり取りたいという矯正時にまさに打ってつけと言えるでしょう。サラサラのスープだと飲みにくい場合は、片栗粉などを足してとろみをつけるとスプーンで口に運びやすくなります。

主食のご飯が欲しい場合は、柔らかくして食べるのが良いでしょう。また、矯正の痛みは風邪などで体調が悪さからくるものではないので、お粥だけという食事は避けてください。色々な具材を入れた雑炊なら栄養も取れます。鍋の締めを雑炊にするのも良いでしょう。

粘膜に当たって痛い・口の中に傷ができる・口内炎

矯正用ワックス

装置が粘膜や歯茎に引っかかってしゃべりにくかったり、装置が当たって傷が出来る時、さらに出来た傷が口内炎になってしまい痛む時などは、矯正用のワックスを使うことでその痛みに対応することができます。矯正用ワックスは様々なメーカーから発売されており、ちぎって丸めて使う物やシリコンタイプなど、種類によって値段も100円~1000円と幅があります。担当の歯科医師に相談して、自分の矯正方法に適したワックスとその使い方を確認すると良いでしょう。

リップガード

吹奏楽などをしている人が矯正をした場合、演奏中に唇の裏側に装置が当たってしまい痛いことがあります。そういった時に使えるのがリップガードで、長さを切って調節して矯正のワイヤーに挟み込んで使用します。こうすることにより唇が直接装置に触れることを防ぎます。また、繰り返しの使用の可能です。

ブレイスガード

矯正装置の厚みにまだ慣れていない時は、頬の内側に装置が当たって痛く感じることがあります。そういった痛みにはブレイスガード(ブレースガード)で対応することが出来ます。細長いシリコンで、ちぎってブラケットを覆うように貼り付けて使います。付けたまま食事もできますし、食べてしまっても安全な素材なので安心です。

装置が外れた時

口内炎等の対処で使う矯正用ワックスでブラケットとワイヤーを固定して応急処置をすることができます。ですが、あくまで応急処置ですので、早めに担当の歯科医師に相談して直してもらいましょう。

どうしても痛みが出る場合は痛みの出にくい食事を

矯正中は痛みが出るのを恐れるあまり食欲が落ちたり、食べ物をしっかり噛むことができずに消化が悪くなってしまいますので、なるべく噛まずに食べられる消化の良い食事にしましょう。

たとえば、主食となる炭水化物はふつうに炊いたご飯ではなく、水分量が多くて噛まなくても食べられるおかゆ、やわらかく煮たコシのないうどん、噛む必要がないくらいやわらかいパンなど。また、おかずはもともとやわらかくて噛まなくても食べられる豆腐や半熟のふわふわオムレツなど。お肉が食べたい時はほぐれやすくて噛み切る必要のないひき肉を使ったハンバーグや肉団子などがおすすめです。野菜は固いものが多いですが、やわらかく茹でてマッシュしたポテトなら噛まなくても食べられます。ビタミン類が不足しないように、食べやすく細かくカットされたフルーツ入りのヨーグルトやゼリーなど、のどごしのいいスイーツなども積極的に食べるようにしてみましょう。

矯正中に控えるべき食事

矯正の痛みが薄らいでくると、食べるものにあまり気を使わなくなるかもしれませんが、矯正器具に食べかすが詰まったりするものや、固くて負担のかかるものはなるべく控えるようにしましょう。

たとえば、歯ごたえがある固いおせんべいやかりんとうなどのお菓子、前歯でかじるようなリンゴなどの果物や生の根野菜など。固いものは奥歯で噛めば食べられないこともないですが、欠片が器具にはさまらないように注意しましょう。同じような理由で、細かくて器具に挟まりやすいゴマなども危険です。また、矯正器具にくっつきやすいお餅やキャラメル、ソフトキャンディなども矯正中は控えておいた方が器具や歯に負担がかかりにくくなります。

痛くない矯正治療方法はある?

矯正治療は痛みを伴うものですが、最近では矯正装置や技術も進化してきて、痛みの少ない方法も増えてきています。たとえば、ブラケットとワイヤーの摩擦抵抗が少ないデーモンシステムなどがあります。 しかし、いくら技術が進化しても、矯正治療は歯列に無理やり力をかけて骨の中を移動させる方法ですので、まったく痛みが伴わないということは不可能と言えます。できるのは、口の中を極力傷つけずに負担を軽くして「痛みを少なくする」ことですので、「痛みのない」矯正治療は疑ってかかったほうがいいかもしれません。また、矯正そのものではなく虫歯などが進行して痛くなっている場合もあるので、矯正歯科だけでなく虫歯治療もできる総合的な歯科医を受診したほうが安心できるでしょう。