部分矯正の費用から治療法ごとのメリット・デメリットまとめ

大事なイベントを控えたあなたに。部分矯正の種類とメリット・デメリットをご紹介します。

あなたのキレイを叶える歯医者さん探しをサポート 矯正歯科Passport

サイトマップ

矯正治療を始める前に知っておきたい基礎知識

部分矯正とは?(イメージ)

部分矯正とは?:気になる歯だけ矯正したい!

気になる部分だけを矯正する部分矯正

すきっ歯が気になるけど、本格的な矯正治療をするほどではない。そんな方には部分矯正がおすすめです。気になる部分だけを矯正するので、短期間でしかも治療費を抑えることができ、気軽に始められる矯正治療です。部分矯正を始める前に、抑えておきたいポイントがありますので確認しましょう。

部分矯正とは

部分矯正とは、気になる一部分にだけピンポイントで矯正装置着けて行う歯の矯正方法です。歯の矯正と言うと、装置で歯の全体を覆うイメージが強いかもしれません。ですが部分矯正は、一本だけズレている前歯やすきっ歯になっている箇所といった、一部の気になる部分を治すために装置を付けて矯正を行います。矯正にかかる期間を短く済ませることが出来るほか、装置が小さい分目立たず、違和感や痛みが少なく、また費用を抑えて治療することができます。従来の歯列矯正へのマイナスイメージをやわらげ、取り組みやすい治療方法として現在注目を集めています。

部分矯正はこんな人におすすめ

  • 前歯だけのように、気になる歯並びだけを整えたい人
  • できるだけ早く矯正治療を終えたい人
  • 矯正費用をできるだけ安く抑えたい人
  • 結婚式やパーティまでに間に合わせたい人

全体矯正と部分矯正の違い

全体矯正とは、口の中の歯全体に装置を付けて行う矯正方法です。全体矯正の場合、歯を動かす力の土台となる固定源(抵抗源ともいいます)をしっかりと確保することが出来るため、歯の位置を調整しやすいです。

一方、部分矯正は一部分の歯だけに装置を着けて矯正を行います。歯並びや口の中の状態によっては固定源を確保しづらい可能性がありますが、部分的な歯の矯正に適しており、全体矯正と比較すると治療期間が短い、目立たない、違和感が少ない、費用を抑えられるといった利点があります。

部分矯正のメリット・デメリット

メリット

部分矯正の特徴として、矯正するための装置が小さいことが挙げられますが、この「小さい」ということが、実は部分矯正のあらゆるメリットに繋がっているのです。

費用を抑えることができる

まず、歯全体を覆う全体矯正と比べると、装置が小さい分だけ装置費用を抑えることが出来ます。

短期間で治療が終わる

奥歯から少しずつずらして歯並びを調整していく全体矯正に対し、部分矯正は気になるところだけをピンポイントで矯正します。移動させたい歯が少なく、メンテナンスの範囲も狭いため、その分治療を短期間で終わらせることが出来ます。そのため、全体矯正と比べると、部分矯正はトータルでかかる治療費自体も抑えることができるのです。

痛みや違和感が少ない

装置が小さいことにより、口の中の不快感や違和感が少ないこと、歯の移動や、装置と口腔粘膜との接触により生じる痛みが少ないこともメリットです。

装置が目立たない

装着していることが目立ちにくいので、人からの視線があまり気にならないといったメリットも挙げられます。

取り外しができる
治療状況や装置の種類によりますが、部分矯正の装置は自分で着脱できることがあります。その場合は歯磨きがしやすいので、口の中を清潔に保つことが出来ます。

デメリット

部分矯正は、従来の歯列矯正に対するマイナスイメージを払拭した取り組みやすい治療方法と言えますが、残念ながらデメリットもあります。

部分矯正が出来ないケースがある

上下の歯や口の中、顎の骨格の状態によっては、部分矯正ではなく全体矯正をした方が良いと判断される場合もあります。元々の歯並びがかなり不揃いな場合も、部分矯正では対応が難しいです。

全体矯正に比べて、仕上がりが劣る傾向がある

部分矯正は一部分だけを直すものであるため、咬み合わせや、矯正を行わない他の歯とのバランスを考慮して対応することができません。そのため、歯全体を少しずつ調整していく全体矯正と比較すると仕上がりが劣ってしまう傾向があるとも言われています。

歯を削る量が多くなる場合がある

多くの部分矯正は前歯に対して行われることが多いです。調整するためのスペースを作るのに、前歯を削ることになります。全体矯正と比べると、前歯を削る量が多くなる場合があるのも部分矯正のデメリットのひとつです。表面のエナメル質が削られて象皮質が反応しやすい状態になると、食べ物や飲み物が歯にしみるといった症状が出ることがあります。

その他、最終的な仕上がりを考えると、歯全体を少しずつ調整していく全体矯正には劣る場合があります。短期間で部分的であることを考慮して、ある程度妥協せざるを得ないのもデメリットでしょう。

部分矯正の費用

矯正治療の多くは保険適用外の自由診療のため、治療費が全額自己負担となります。治療前の初診料、レントゲン撮影や各種検査なども含めた診断料、治療中の調整量や治療後の通院代などに加えて、装置の費用もかかります。全体矯正の場合トータルで100万円を超えることが多く、矯正の種類によっては150万円程度になることもあります。

一方、全体矯正に比べると安いとされる部分矯正ですが、実際治療を行うとどれくらいの金額が掛かるものなのでしょうか。矯正の種類によって異なりますが、初診から治療後の対応までの金額と装置の費用を合わせると、おおよそ35万円から60万円程度となる場合が多いようです。全体矯正と比べると、確かに安いと言えるでしょう。

部分矯正の治療法

部分矯正にはさまざまな種類があります。

部分矯正

ブラケットという装置を使った矯正方法です。歯の矯正と言われて多くの人が思い浮かべるのが、金属製のメタルブラケットと言われる装置でしょう。メタルブラケットの他に、白や透明色で目立たない審美ブラケットというものもあります。ブラケットとは、歯の表面に装着する留め具のことです。このブラケットにワイヤーを通していき、ワイヤーの弾性(元に戻ろうとする力)を利用して歯を動かしていくのがブラケット矯正の仕組みです。部分矯正ではブラケットを4~6個程度装着します。状態によっては歯を削って小さくしたり、抜歯することもあります。
費用はメタルブラケットで30万~50万円程度、審美ブラケットの場合は35~70万円程度ほどです。治療期間は3ヵ月~1年程度となります。

メリット デメリット
本格的な矯正治療に比べて治療期間を短縮できる
装置を着ける歯が少ないので費用を抑えられる
適応できる症例は軽度の場合に限定される
お口の中全体の噛み合わせを改善することは難しい

リンガルブラケット(裏側矯正)

ブラケットを歯の裏側に装着する矯正方法です。通常のブラケット矯正よりも目立ちにくいため、あまり人に知られたくない場合はこの方法が良いでしょう。(歯並びや状態によっては対応できないこともあります)ただし、舌に近い場所に装置があるため、会話や食事の際に違和感を感じることが多い他、通常のブラケットよりも治療期間が長くなり、費用も増えます。また、リンガルブラケットは装着に技術を必要とする特別な装置のため、経験豊富な歯科医師に依頼することをお勧めします。
費用は40万~60万円程度、治療にかかる期間は半年~2年程度となります。

メリット デメリット
矯正が目立たない 費用が高くなる
矯正期間が長くなる

インプラント矯正

インプラント矯正とは、歯科矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)を一時的に歯茎の骨や顎の骨に埋め込み、固定源として利用する方法です。人工歯を取り付けるための人工歯根のインプラントとは異なります。(※インプラントとは歯に関わるものだけでなく、人の体に埋め込まれる器具の総称です)基本的な矯正は、ワイヤーの弾性と歯の抵抗力を利用して移動させていきます。一方、インプラント矯正は、固定源となったインプラントを支点として移動させたい歯を引っ張るため、動きに安定があると言われています。通常であれば抜歯が必要とされていた場合も、インプラント矯正ならば抜かずに対応できることがあります。ブラケット矯正と合わせて行われる場合が多いです。
費用は18万円〜45万円程度、期間は半年から1年〜2年程度です。

メリット デメリット
治療期間を短縮できる
抜歯をしなくてすむ可能性がある
インプラントが折れる時がある
インプラントを取り除く必要がある。

マウスピースを使う方法

歯の凹凸が少ない、ちょっとした隙間をなんとかしたい、といった軽度な場合は、マウスピースを装着して矯正できることがあります。マウスピースは透明または半透明の素材のため目立ちにくく、自分で取り外しが可能なため、歯磨きをして口の中を清潔に保つことができます。マウスピースは歯科医院にて複数作成し、段階によって使い分けていきます。状態によっては歯を少し削ってからマウスピースをはめることもあります。
費用は30万~40万円程度、治療期間はおおむね1年~1年半程度ですが、取り外しが可能なため個人差があります。

メリット デメリット
矯正がばれにくい
器具の取り外しができる
一日の大半つける必要がある
歯ぎしりが強いとマウスピースが割れる

補綴(ほてつ)矯正

クイック矯正、プチ矯正とも言われ、実際には歯を動かさない矯正法です。気になる前歯などにラミネートベニア(歯につける付け爪のようなもの)や差し歯などを入れて歯並びを美しく整えます。

メリット デメリット
治療期間が短縮でき、早ければ1~2か月程度で治療が終わる
人工歯を使うので、歯並びと同時に白い歯にすることができる
毎回歯型を取る煩わしさがある
1日17時間以上装着しないとよい結果が得られない
適応できる症例が限られている
通院回数が多くなる

部分矯正に向く症例、向かない症例

部分矯正に向く症例

部分矯正は一部の歯をピンポイントで矯正するものです。そのため、前歯のすきっ歯を閉じたいときや、全体的に歯並びが悪いわけでは無いけれど、一か所だけズレているところがある、前歯のちょっとしたでこぼこが気になるという場合の対応に向いています。以前に行った矯正箇所がズレてきて修正を行いたい時や、抜歯後しばらくして周りの歯がズレて来た場合にも行われる他、審美治療としてセラミックの被せ物を入れる前に部分矯正で歯根の位置を揃えておくと、仕上がりがより美しくなります。また、折れてしまった歯を抜きたくない時、部分矯正によて歯根を引っ張り上げてから被せ物をするという治療方法もあります。

部分矯正に向かない症例

部分矯正は、軽度な症例に向いています。そのため、著しく不揃いな歯が何本もある場合や、抜歯が必要な場合、出っ歯の場合や反対咬合(受け口)など骨格的な問題のある場合、噛み合わせを治したい場合などは部分矯正では対応ができません。また、一部の歯を小さめの装置で短時間矯正を行うため、歯全体とのバランスが考慮できない、満足のいく仕上がりにならないといったことも考えられます。そのため、完璧な仕上がりを求める場合も部分矯正は不向きです。様々なメリットがある部分矯正ですが、適した症例かどうかきちんと診察を受ることが大切です。