スピード矯正種類と費用、メリット・デメリットまとめました!

矯正を短期間で終わらせたい!忙しくて時間をかけられないあなたに。スピード矯正の種類とメリット・デメリットをご紹介します。

あなたのキレイを叶える歯医者さん探しをサポート 矯正歯科Passport

サイトマップ

矯正治療を始める前に知っておきたい基礎知識

スピード矯正とは?(イメージ)

スピード矯正とは?:短期間で終わらせたい!

通常の3分の1の早さで美しい歯並びに

スピード矯正とは、短期間で理想の歯並びへと導く矯正治療で、通常の治療に比べると2分の1から3分1の短期間で治療が終わります。スピード矯正は、大きく分類するとコルチコトミー法などの外科手術を伴うものと外科手術を必要としない最先端の矯正器具による矯正の2種類があります。結婚式当日までに歯並びを美しくしたい方などの利用が目立ちますが、スピード治療には高い技術を伴い、歯並びによっては適応が難しい場合もありますので、治療のポイントを確認しましょう。

こんな人におすすめ

  • 結婚式や入社式などの予定があり、短期間で治療を終えたい人
  • 長期にわたって通院するのが難しい人
  • より理想的な歯並びを追求している人

スピード矯正のメリット・デメリット

  • メリット
    • 短期間で歯並びが美しくなる
    • 良い治療結果を得られやすい
    • 歯の動きがスムーズになるので痛みが少ない
    • 治療後の後戻りが少ない
    • 抜歯をしないで矯正治療が出来る場合がある
  • デメリット
    • 外科的手術を行う場合、歯肉(歯ぐき)にダメージを与えることがある
    • 歯並びの状態などによって、適応が難しいケースがある
    • 対応できるクリニックが少ない
    • 歯槽骨(歯を支えている骨)が溶けてしまうことがある

どんな治療方法があるの?

スピード矯の治療法には、インプラント矯正とコルチコトミーなどの外科手術を行った後に、通常の矯正治療へと移行するものと外科手術を必要としない「矯正器具」によって矯正のスピードを早めるものがあります。施術法ごとにメリット・デメリット、費用を確認しましょう。また、歯並びによっては適応が難しいケースもありますので歯科医への相談が重要です。

また、クリニックによっては、症例や状態によって早期に施術を完了する保証はできないといった観点から、「スピード矯正」といった表記を行っていないクリニックも多くあるので注意しましょう。

参照元

公益社団法人 日本矯正歯科学会ホームページガイドライン

http://www.jos.gr.jp/information/file/hp_guideline.pdf

インプラント矯正

インプラント矯正とは、通常のインプラントより小さな矯正用インプラント(直径1.4-2.0mm、長さ6.0-10.0mm)を奥歯の骨の部分に埋め込み、土台とすることで歯の移動が安全にまた、効率的になることで、「矯正治療の効果向上」、「治療期間短縮」が可能となります。

また、インプラントの材質は骨折時などのプレート固定に使用されているチタンのため、アレルギーが起こることはほぼありません。さらに、この矯正用インプラントは小型のため、埋め込む時の痛みもほぼなく、矯正治療が終わった後に撤去されるので、体への負担も心配も少なく、傷が残ることもありません。

インプラント矯正の費用:1本25,000-30,000円程度

インプラント矯正が有効な症例:
乱杭歯(叢生)、ガミースマイル、開咬、上顎前突、下顎前突症など

メリット デメリット
治療期間が大幅に短くなる
よい治療結果を得られやすい
難症例に対応できる
従来の矯正治療ではできない歯の移動が可能になる
外科矯正(アゴの骨を切除する矯正治療)を回避できる可能性が高まる
インプラントを移植する手術が必要
手術を行うため、治療費用が高くなる
対応できるクリニックが少ない
インプラントの脱落
インプラント周囲の炎症
急激に歯を動かすと歯槽骨(歯を支えている骨)が溶けてしまうことがある

参照元

補綴治療に先立ち歯科インプラントをアンカーとして矯正治療実施後上部構造を装着した骨格性下顎前突症の 1 症例

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsoi/27/2/27_164/_pdf

コルチコトミー法(corticotomy):歯槽骨皮質骨切除術

コルチコトミー法とは、外科手術によって、矯正治療で動かす歯の周りにある「硬くて動きの遅い皮質骨」を一部除去することによって、歯の動く範囲を拡げ、歯が動く際の抵抗を減らすことで矯正のスピードを早める矯正法です。
手術時間は1時間ほどと短く、リスクが少ない治療といえます。手術後は矯正装置を装着して歯並びを整えていきますが、コルチコトミーによって無理な力をかけずに歯が動くようになるため、矯正装置の装着期間が短くなり、また、歯が動くことによる違和感も軽減されます。

さらに、手術の副次的効果として、皮質骨を除くときに掘る溝が血液の巡りを活性化させることで、歯肉が綺麗なピンクになることも報告されています。

コルチコトミー法の費用:150,000円~00,000円程度※基本の矯正費用別

メリット デメリット
抜歯をしないで矯正治療ができる場合がある
矯正装置の装着期間が短縮される
矯正中の痛みや違和感が少ない
治療後の後戻りが少ない
外科手術を伴い、術後に歯ぐきが腫れることがある
歯並びによっては適応が難しい場合もある
成長期の子供には適応できない
手術が伴うため、治療費が高くなる

ヘミオステオトミー法

ヘミオステオトミーとは、コルチコトミー法によって切除した骨の下にある海綿骨という柔らかい骨にヒビを入れることで歯を移動しやすくするといった治療法です。
一般的に、コルチコトミー法と併用される方法で、手術時間はコルチコトミーと合わせて1時間半程度となっています。矯正が終了するまでの期間は、従来の一般的な矯正治療の1/4程度。最短6ヶ月で歯列矯正を完了させることが可能です。

ヘミオステオトミー法の費用:150,000円~500,000円程度※基本の矯正費用別

メリット デメリット
歯列矯正に要する期間が大幅に短縮される
従来の歯列矯正治療に比べて後戻りのリスクが低い
手術前よりも骨が丈夫になる(骨折が治癒すると、骨折前より骨が上部になる原理)
外科手術を前提とする治療法なので、腫れや感染症など外科手術に特有のリスクがある
まだ成長期にある子供は適用にならない
治療費が高い
取り扱っている歯科医院が少ない

オステオトミー法:歯槽骨切術

オステオトミー法とは、歯の土台となる歯槽骨を手術で切れ目を入れて、歯槽骨ごと移動させる矯正法です。侵襲性が高く、患者への負担は小さくありませんが、歯の土台そのものを動かすため、コルチコトミーよりも早く歯を動かすことができます。また、コルチコトミーでは対応できない症例時に行われます。手術時間の目安は約2時間でその日のうちに帰宅できます。

オステオトミー法の費用:150,000円~500,000円程度※基本の矯正費用別

参照元

Osteotomyを併用した実験的歯牙移動が歯周組織ならびに下顎頭に与える影響

http://ci.nii.ac.jp/els/contents110000051200.pdf?id=ART0000389769

メリット デメリット
従来の歯列矯正に比べて治療に要する期間が短い
ヘミオステオトミー・コルチコトミー法では治療期間が短縮されない患者にも適用が可能
歯列矯正の効果が高い
外科手術に2時間を要するなど患者の負担が小さくない
術後の腫れなど、外科手術特有のリスクがある
通常の歯列矯正に比べて、費用が高額になる
取り扱っている歯科医院が少ない

オルソパルス

オルソパルスとは、カナダのバイオラックスリサーチ社によって開発され、2016年に発売された光による最新の矯正加速装置です。自宅でできる施術で、1日10分間(上顎、下顎各5分)、装置を使って口の中に光を当てるだけで、歯列矯正、インビザライン等のマウスピース矯正の治療期間が約3分の1から半分まで大幅に短縮されます。コルチコトミーのような外科手術によるリスクを避けることができる点、また、アメリカ食品医薬局(FDA)による認可を受けている点からも安全性が証明されています。

オルソパルスの費用:通常の矯正費用+180,000円程度

メリット デメリット
治療期間が短くなる
歯の移動時の痛みが軽くなる
装置の利用が1日わずか10分
費用がよけいにかかる
症例によっては効果が薄い場合がある

デーモンシステム

デーモンシステムとは、アメリカの女性矯正歯科医デーモン氏が開発した画期的な歯列矯正装置。装置の開発以来、デーモン氏自身を始め世界200万人以上もの患者の矯正を実現してきた、革命的な歯列矯正法です。
矯正の原理は、従来のブラケットシステムと同じように、ブラケットに通した形状記憶ワイヤーの力による矯正。ただ、従来の方法ではブラケットにワイヤーを強く縛り付ける必要があったのですが、デーモンシステムではブラケットとワイヤーを軽く接触させるだけで矯正がスタート。従来の方法に比べて歯にかかる力が弱くなるため、矯正中の痛みが軽くなります。
歯にかかる力が弱いと矯正効果が下がるのではないかと心配になりますが、不正な歯並びに引っ張られてワイヤーが変形する恐れがないので、逆に矯正効果は上がり、治療に要する期間も短縮されるという結果を得られています。 最近では白色セラミックによるデーモンシステムも導入されたため、治療効果にだけではなく、審美性の面でも評価が高くなってきました。

デーモンシステムの費用:800,000-1,000,000円程度

メリット デメリット
治療期間が短くなる
痛みが少ない
抜歯せずに治療できる可能性が上がる
手入れがしやすい
装着時に違和感を感じる時がある
審美的に勝るデーモンクリアは上顎用のみしかない

クリアスナップシステム

クリアナップとは、クリアブラケットにかぶせる白いキャップのこと。通常の矯正装置の場合、メインとなるワイヤーを針金やゴムで強く留める方式を採りますが、この針金やゴムに代わってクリアナップで軽く留める方式のことを、クリアナップシステムと言います。
クリアナップシステムでは、メインとなるワイヤーを強く押さえつける必要がないため、ワイヤーに緩い遊びができます。この遊びのおかげで、歯茎には歯の移動に必要な酸素・栄養素が十分に行き渡り、治療をスピーディーに終わらせることが可能となりました。この治療期間の短縮の原理については、デーモンシステムやクリッピーCと同じになります。強い力を歯に加えないわけですから、もちろん、矯正中の痛みも大幅に軽減されます。
なお、クリアナップの色は半透明。これをクリアブラケットにかぶせるわけですから、審美的にも非常に優れた矯正装置となります。加えてホワイトワイヤーを使用すれば、一目見られただけでは矯正をしていることに気づかれません。

クリアスナップシステムの費用:800,000-1,000,000円程度

メリット デメリット
治療期間が短くなる
歯の移動時の痛みが軽くなる
審美性が高い
デーモンシステムと比べて抜歯が必要となる可能性が高い

スピード矯正の流れ

スピード矯正は、患者の状態や目標によって、様々な手法の組み合わせで行なわれることがあります。いわばオーダーメイドな治療と言っても良いでしょう。ここでは一例として「コルチコトミー法と歯列矯正の併用」の流れを紹介します。

初診

スピード矯正の進め方を中心に、メリットやデメリット、リスクなどを説明します。

検査

治療に必要な情報収集のため、レントゲン撮影や写真などを行ないます。

治療方法の説明

検査の結果に基づき、具体的な治療計画を説明します。初診からここまでの間に、計3~4回の通院が必要となります。

矯正装置の装着

口内に矯正装置を装着します。

手術

コルチコトミー法による手術を行ないます。

定期的なチェック

1~2週間に一度通院し、現状のチェックを行ないます。

矯正装置の取り外し

口内の矯正装置を取り外します。初診からここまでの間は、最短で6ヶ月、最長で1年程度となります。

保定

保定装置を取り付けて歯列の固定を図ります。

スピード矯正の注意点

スピード矯正の経験持った医師を選びましょう。

コルチコトミーなど外科手術によるもの、また、外科手術を伴わない「加速矯正器具」によるスピード矯正いずれも日本では十分な経験を積んだ歯科医は少ないのが現状です。
コルチコトミーなど手術を伴う治療は医師の技量の影響も大きくなり、また手術によるリスクもあるため、歯科医選びはより慎重に行う必要があります。

スピード矯正の成功には、外科手術の技術だけでなく、歯列矯正、口腔外科、インプラントなどあらゆる分野の専門性が 欠かせません。このような専門性を持ち、さらに、「スピード矯正」の経験を積んだ歯科医、クリニックに相談しましょう。

スピード矯正をしなくても短期間で終わる可能性あります

症例によっては必ずしも「スピード矯正」を行わなくても短期間で矯正が完了することがあります。そのため、 患者さんの希望にこたえるだけでなく、患者さんへの負担も考えた上で、スピード矯正以外の治療法が提案されることもあるでしょう。
もし、歯科医の進める治療法に納得できない場合は、セカンドオピニオンを求めるのも手段です。いずれにせよ、信頼できる歯科医としっかりと相談することが最適な治療法を見つけるために重要です。 そのためにも、当サイトが紹介する名医のいる矯正歯科ランキングも是非参考にしてみて下さい。

スピード矯正を行った方の体験談

3年はかかると言われた矯正が1年で終了

上の前歯が出っ歯で、しかも歯と歯の隙間が空いていて、幼いときからコンプレックスでした。見た目の問題だけではなく、上下の噛み合わせが悪いことから、物を食べにくいばかりか、顎に痛みを持つように。ある歯科医院の先生から「矯正に3年はかかる」と告げられ、治療を断念したこともありました。
そんな折、たまたまスピード矯正をしてくれるクリニックを見つけ、さっそく相談へ。短期間での矯正が可能との説明を受け、治療を決断しました。
矯正を始めて約1年。歯並びが改善されたとの先生からのお墨付きをもらい、いよいよ装置を取り外すことに。仕上がった歯並びは、本当に完璧です。噛み合わせも、顎の痛みもなくなりました。長年の悩みが、わずか1年で解消したこと、先生には本当に感謝しています。

ガタガタだった歯並びが半年で綺麗に

短期で歯列矯正ができるとの情報を得て、コルチコトミーという治療を受けることにしました。説明を受けたクリニックの先生が、リスクも含めて丁寧に説明してくださったことも、治療を決断する一因にもなりました。
コルチコトミーを受けた方々の体験談を見ると、多くの方が「寝られないほどの痛み」を経験しているようですが、私の場合、ついに最後まで痛みを感じたことはなし。半年後にはワイヤーを外せるまでに歯が移動しました。
その後、無事にマウスピース矯正を終え、現在は保定期間へ突入。わずか半年前はガタガタだった私の歯並びが、今や見た目はまったく問題のないレベルまで改善しています。スピード矯正を決断して、本当に良かったと思います。