あなたのキレイを叶える歯医者さん探しをサポート 矯正歯科Passport
サイトマップ

裏側矯正

裏側矯正の特徴や流れ、費用相場などを紹介します。

矯正治療を始める前に知っておきたい基礎知識

裏側矯正とは?

部分矯正とは?(イメージ)

裏側矯正とは、矯正装置を歯の裏側に装着する治療法です。矯正装置を歯の表側に装着する従来型の治療法とは異なり、口を開けた際、装置が覗いてしまうことはありません。目立たない矯正法として、全国の多くの患者から選択されている方法です。

こんな人におすすめ

裏側矯正の
メリット・デメリット

装置が目立たない、という非常に大きなメリットのある裏側矯正。目立たないということ以外にも、いくつかのメリットがあります。

以下、裏側矯正ならではの主なメリットを見てみます。あわせて、主なデメリットも確認しておきましょう。

  • メリット
    • 表側矯正とは違い、治療中の矯正装置が目立たない
    • 歯の裏側のエナメル質は丈夫なので、表側に比べて虫歯になりにくい
    • 表側矯正に比べ、出っ歯の矯正に効果的とされている
    • 出っ歯の一因とされる「前歯を舌で押すクセ」が矯正されることがある
    • 表側には何も付いていないので、鏡を見るだけで矯正の効果を実感しやすい
  • デメリット
    • 表側矯正に比べ、費用が高くなる
    • 患者ごとに「コア」という部品をオーダーメイドするため、その分、治療開始までに手間や時間がかかる
    • 裏側に装置を付ける以上、発音や食事、歯磨きなどに違和感が生じる
    • 常に装置に舌が触れていることが気になる

裏側矯正のメリット

裏側矯正のメリット

裏側矯正のメリットとしては、何と言っても周囲から装置が見えにくくなることでしょう。通常のワイヤー矯正が歯の表側に装置をつけるのに対し、裏側に装着することで見えにくくなっています。

副次的なところとして、出っ歯の原因ともなる「舌で歯を押してしまう癖」に対する抑止力にもなります。歯を押そうとすると装置があたるため、癖も自然となくなっていく方が多いようです。

裏側矯正のデメリット

裏側矯正のデメリット

通常のワイヤー矯正とは装置が若干異なるため、治療開始までの時間や費用などに影響が出ます。安く治療したい、治療を早く終わらせたいという方は別の治療方法を検討するとよいでしょう。

歯の内側に装置がつくため、舌に接触したり違和感があったりというところも挙げられます。とはいえ、最近では装置の改良も進み、こういった異物感が減るようになってきているというクリニックもあります。

裏側矯正による治療の流れ

矯正後の理想的な状態を模型で作り、その模型に基づいて歯科技工士が「コア」と呼ばれる部品を作成します。この「コア」を歯科医師が患者の歯の裏側に設置し、これを目印にしてブラケットとワイヤーを装着します。

歯の裏側はとても複雑な形状です。表側矯正とは違って、歯科医師が目視で確認しながら矯正装置を付けることは、とても難しくてできません。よって、大半の歯科医院では、「コア」と呼ばれる部品のサポートを借りて裏側矯正を行っています。

裏側矯正の費用

裏側l矯正の費用相場は、おおむね110~150万円とされています。表側矯正でも100万円弱はかかるため、より難度の高い裏側矯正であることを考えれば、妥当な価格水準と言って良いでしょう。

なお裏側矯正は、他の矯正法と同様に自由診療。よって保険は適用されず、治療費の全額が患者負担となります。

裏側矯正の治療期間

症状の程度に応じて治療期間が異なります。大雑把な目安として、軽度の場合には1年半程度、重度の場合には3年程度と考えておきましょう。

表側矯正に比べると、同じ程度の症状でも裏側矯正のほうが、やや治療期間が長くなることがあります。治療前に歯科医師と相談のうえ、長期的な治療スケジュールをイメージしておくようにしましょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE