あなたのキレイを叶える歯医者さん探しをサポート 矯正歯科Passport
サイトマップ

40代からの矯正治療

40代からでも矯正治療は始められるのか記事にまとめました。

矯正治療を始める前に知っておきたい基礎知識

40代以降にも矯正治療を受ける人がいるの?

アンチエイジングの一環で矯正する人もいる

40代以降の方々が矯正治療を受けている最大の理由は、口元の審美性です。もちろん、噛み合わせなどの機能的な理由で矯正を受ける40代以降の方もいますが、大半は審美性を目的に矯正治療を受けているようです。皮膚と同様、口元の変化は加齢を感じさせる要素のひとつ。エイジングケアの一環として、矯正治療は高い若返り効果を発揮することでしょう。

40代以降の方々に多く見られる矯正治療の種類

口元の若返り、つまり審美性を求めて矯正を受ける方が多い以上、矯正中の審美性にも気を使う方が多いことは言うまでもありません。よって40代以降の方々には、次のような矯正法を選択する例が多く見られます。

マウスピース矯正

透明なマウスピースを装着する矯正法です。

マウスピース自体、あまり目立つ装置ではないことに加え、人と外食をする際など、大切なシーンではマウスピースを一時的に外してもOK。最後まで他人に知られないまま矯正治療を終える方も少なくありません。

審美ブラケット

白や透明のブラケット・ワイヤーを使って行う矯正法です。ブラケットもワイヤーも歯の色に近いので、矯正中はほとんど装置が目立ちません。

矯正装置の存在は周囲に気付かれるものの、その存在感がとても弱いため、周囲の人も矯正をしている本人も、さほど装置が気になりません。

裏側矯正

ブラケットを歯の裏側に装着する治療法です。歯の裏側に装置を付ける以上、他人から矯正中であることを知られる可能性はとても低いと言えます。

ただし装置が舌の側にあることから、矯正を始めた当初は、口の中に強い違和感がある模様。慣れるまでの間は、発声に難が生じたりすることもあるようです。

40代以降の矯正治療におけるリスク・注意点

40代以降の方が矯正治療を受ける際の主なリスク・注意点について確認しましょう。

歯周病を治療してから矯正を受ける

40代以降の方の大半は、症状の程度にこそ差はあれ、歯周病にかかっています。歯周病のまま矯正治療を受けると、さらに歯周病が悪化して歯に悪影響を及ぼすことあるので要注意。矯正を受ける前に、歯周病をしっかりと治療しておくことが大事です。

歯の移動が遅いことを承知しておく

歯の移動には新陳代謝が関与しています。子供や若い方に比べ、40代以降の方は新陳代謝が低下しているため、その分、歯の移動が遅くなる可能性があることを理解しておきましょう。

歯茎が下がってしまうリスクもある

加齢などが原因ですでに歯茎が下がっている場合、矯正治療を受けることで、さらに歯茎が下がってしまうことがあります。歯茎が下がると老けた印象になることは、多くの方がご存知のとおりです。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE