あなたのキレイを叶える歯医者さん探しをサポート 矯正歯科Passport
サイトマップ

インビザラインはどんな矯正?

インビザラインとは、アライン・テクノロジー社により、1999年からアメリカの矯正歯科医師を対象に提供され始めた、新しいマウスピース型の矯正治療のことです。現在では、世界100ヶ国以上の国々で提供され、 すでに420万人を超える人が治療を受けています。

矯正治療を始める前に知っておきたい基礎知識

インビザラインの特徴

インビザラインは、いわゆる透明のマウスピース型の矯正器具です。治療を始める前に写真やレントゲンを撮影し、ひとりひとりの歯列に合わせてカスタマイズされたマウスピースを作成します。 コンピューターの3D画像により、治療開始から終了までの間に、どのように歯列が矯正していくかを見ることができます。マウスピースは透明なため目立ちにくく、付けたままでも治療中であると気づかれることはほとんどありません。他人との会話中でも気にすることなく、笑う時に歯を隠すような必要もありません。 また、取り外しも簡単にできるので、飲食の前や歯磨き前などに外して、清潔に保つことができます。

インビザラインの治療の流れ

まず、歯列矯正を始める前に3Dシミュレーションにより、最終的にどんな歯並びになるかを見て、納得してから治療を開始することができるので安心です。

最初にシミュレーションした流れに沿ってマウスピースを作成し、2週間ごとに自宅で新しいマウスピースに取り換え、段階的に矯正をしていきます。

約2ヶ月ごとに通院して途中経過を確認しますが、最初に型を取って器具を一括して作成するので、何度も型を取る煩わしさがありません。マウスピースでの治療が終わってからは、保定装置を使用する場合もあります。

インビザラインの費用

インビザラインの治療にかかる費用は、それぞれの症状や矯正する範囲などによっても異なります。

たとえば、症状が軽度な人向けのインビザライン・ライトの場合は、50万円程度。標準的なフル矯正をする場合は、80万円程度が目安になります。

費用については病院によって、矯正途中の再調整や治療終了後のアフターフォローなどの費用が別途かかる場合もありますし、それらが含めた料金を提示しているところもありますので、事前に確認して最終的にいくらかかるか確認するようにしてください。

インビザラインの治療期間

インビザラインは取り外し可能ですが、飲食時や歯磨き時以外の1日20時間以上装着することが推奨されています。

毎日装着しながら、2週間ごとに新しいマウスピースに交換し、約6週間~8週間ごとに医師の診療を受け、進捗状況を確認してもらいます。

インビザラインで矯正するのに、どのくらいの期間が必要かは、元の歯並びの状態などによって個人差があります。

インビザラインにはいくつか種類があり、以前に歯列矯正をしたことのある人や症状が軽度の人は、費用や期間を抑えたインビザライン・ライトの使用によって、5ヶ月くらいで治療を終わらせることもできます。

ただ、全体的にしっかり矯正するには、2年~3年程度はかかると見ておいたほうがいいでしょう。

また、治療が終わってからも、リテーナーという保定装置を使用して、歯の位置を安定させる必要がある場合もあります。その場合、2ヶ月~半年くらいごとに通院をし、1年~3年程度装着することになるので、完全に矯正が完了するまでの期間は5年くらい必要になるかもしれません。

インビザラインのメリットとデメリット

インビザラインは、従来の矯正方法に比べてメリットが多く、取り入れやすい方法です。ですが、歯並びの状態によっては合わないことや費用面の負担、近くに実施している歯科医院が少ないなどのデメリットもあります。

メリット 透明なため、歯列矯正をしていることを気づかれにくい。
簡単に取り外しができ、気軽に食事を楽しめる。
取り外しができて歯磨きやマウスピース自体も洗えるので、清潔に保つことができる。
金属アレルギーの人や、金具が苦手な人でも違和感なく使える。
世界中に普及していて、治療している人が多くて安心。
症状に合わせて自分に合ったプランを選べる。
2週間ごとに新しいマウスピースに取り換えるため、痛みや違和感を感じることが少ない。
ほかの矯正方法に比べて、通院回数が少なめ。
デメリット 取り外しはできるが、1日20時間以上の装着が必要である。
虫歯の治療などで歯の形が変わったら、マウスピースを作り直す必要が出てくる。
ほかの矯正方法に比べて費用は高め。
新しい治療方法のため、日本で受けられる歯科医院が少なめ。
マウスピースに慣れるまでは、少ししゃべりにくさを感じることもある。

インビザラインはこんな人におすすめ!

  • 歯列矯正をしていることを気づかれたくない人。
  • 営業職や接客業など、人前に出る職業の人。
  • 金属アレルギーがあって、金具を使用できない人。
  • 忙しくて、頻繁に通院できない人。
  • 食後はフロスなどで歯間も清潔に保ちたい人。